なんで私がナースに?一般職から看護師に転職

ナースは看護以外にどんな仕事ができるの?

ナースは体力的にも精神的にもかなり削られる仕事です。
1人で何十人もの人の面倒を見なくてはなりませんし、朝早くから仕事をして気づいたら次の日の朝になっていた、なんてことも珍しくはありません。
それでいて給料も上がりにくくなっているので、正直離職率や転職率がかなり高い仕事なのです。
では、ナースが他の職業をやってみたいとなった場合、どんな仕事につくことができるのでしょうか?


●ナースの資格を生かしてできる仕事はたくさんある●

まずナースを辞めた方がやっている仕事で多いのは、在宅医療です。
病院にいきたくない、もしくは事情があっていけないという人のために、各患者の家庭にお邪魔してケアを行うというものです。
この仕事はナースのように1日中面倒を見なくてはならないというわけではありませんし、それでいて看護師としての経験や知識も生かせるのでとてもやりやすいと思います。
自分が看護師を辞めてしまった理由を踏まえ、それを元にどんな条件を満たしている仕事なら長く働けるのかを考えてみましょう。


●教育系の仕事にも就くことができる●

在宅医療と同じくらいに人気なのは、保健室の先生や保育士といった教育系の仕事です。
ナースをやっていたということはやはり人の面倒を見るのが好きだということでしょうから、教師などの職業も非常に向いているといえるでしょう。
看護師としての経験を存分に生かせると思うので、ぜひやってみてくださいね。

Copyright © 2012 なんで私がナースに?一般職から看護師に転職. All Rights Reserved.